記者が「腸活」に挑戦! プチ断食「健美腸ファスティング」した結果 (2/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

記者が「腸活」に挑戦! プチ断食「健美腸ファスティング」した結果

このエントリーをはてなブックマークに追加
福光恵AERA#健康
“腸活系ダイエット”で勝負(※写真はイメージ)

“腸活系ダイエット”で勝負(※写真はイメージ)

 ネズミに菌を移植する実験や、人の腸内細菌を分析するなどして、「ファーミキューテス」(以下F菌)というグループの細菌は肥満の人が腸に多く持ち、「バクテロイデス」(以下B菌)というグループの細菌は、やせている人が多く持っていることが分かったのだという。そこでF菌は「デブ菌」、B菌は「やせ菌」とも呼ばれる。

 F菌もB菌も、多くの種類の菌が所属する大所帯のグループ。B菌グループの数がF菌グループの数より「少し上回る程度」(小林院長)のバランスを保つのが、肥満になりにくい体をつくる黄金比率と考えられているのだ。

 またグループの菌すべてが同じ働きをするわけではなく、オーナーの人種や腸内環境などでも菌の働きは変わる。つまり、やせ菌増えました、やせました、ウェ~イ!と事が運ぶわけでは、必ずしもないようだ。

 ただし、B菌とF菌どちらもバランスよく持つことは、「肥満にならない健康的な体質をつくる」(同)ための基本。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい