記者が「腸活」に挑戦! プチ断食「健美腸ファスティング」した結果 (3/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

記者が「腸活」に挑戦! プチ断食「健美腸ファスティング」した結果

このエントリーをはてなブックマークに追加
福光恵AERA#健康
“腸活系ダイエット”で勝負(※写真はイメージ)

“腸活系ダイエット”で勝負(※写真はイメージ)

「そのために、例えば食物繊維を豊富に摂ることを勧めています。腸には多様性が必要ですし、菌たちの能力を伸ばすためにも、彼らの活動の元となる食物繊維は重要ですよね」(同)

 聞けば、こうした菌を利用した体質改善は、当然ながら「一日にしてならぬ」もの。正月太りを解消するというような緊急案件には、どう考えても向かないことが分かった。
 
 ならば。腸活の手始めに、小林院長が患者さんにも勧めている「健美腸ファスティング」というプログラムを先生の著書を参考にやってみることにした。

 こちら、消化器をいったん休ませ、リセットすることで、腸内環境の改善などを目指す“プチ断食”のようなもの。期間中は食事の代わりに、豆乳と甘酒、プロテインを混ぜた手作りドリンクを中心に摂取する。

 実は豆乳が苦手なため、選んだのは一番短い「2日間コース」。初日は手作りドリンク(または野菜とヨーグルトのスムージー)で3食。2日目は回復期で、朝から豆腐、納豆、フルーツなどをよく噛んで。おかゆで昼をすませ、最後は再び手作りドリンクでシメる。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい