創価学会は僧侶なし、香典なし 友人葬という先端

2017/08/05 07:00

 日本人がなじんできた「お葬式のかたち」がいま激変している。従来型のお葬式ではなく、「家族葬」が広く受け入れられ、弔いの形は家から個へ――。葬儀費用の「見える化」と価格破壊は何を生むのか。AERA 8月7日号で、新しい葬式の姿と、大きく影響を受ける仏教寺院のいまを追った。

あわせて読みたい

  • 都議選で自民震えた創価学会婦人部の力

    都議選で自民震えた創価学会婦人部の力

    AERA

    7/10

    創価学会、天理教、生長の家…「宗教別婚活」の知られざる実態

    創価学会、天理教、生長の家…「宗教別婚活」の知られざる実態

    dot.

    4/17

  • スーパーでまさかの枕営業…人生をも支配する「全人格労働」

    スーパーでまさかの枕営業…人生をも支配する「全人格労働」

    AERA

    2/16

    火葬場で読経のパターンも 今どきの“自分流”葬儀とは?

    火葬場で読経のパターンも 今どきの“自分流”葬儀とは?

    週刊朝日

    2/11

  • 家族葬、一般葬、直葬、一日葬……。お葬式ってどんな種類があるの?

    家族葬、一般葬、直葬、一日葬……。お葬式ってどんな種類があるの?

    tenki.jp

    8/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す