遺族の心をケアする「遺族外来」とは?

シニア

2017/07/10 11:30

 親の看取りは誰しもが経験するもの。しかし、ゆっくりと最期のお別れをすることができなかったと、後悔する人は多い。まだまだ元気だからと、話し合わずにいると、その日は急にやってくる。お墓のこと、相続のこと、延命措置のこと、そろそろ話し合ってみませんか? AERA 2017年7月10日号では「後悔しない親との別れ」を大特集。家族を亡くした遺族も医療で支えるという「遺族外来」を取材した。

あわせて読みたい

  • 励ましの言葉もNG? 夫との死別で「遺族外来」受診する妻たち

    励ましの言葉もNG? 夫との死別で「遺族外来」受診する妻たち

    週刊朝日

    5/20

    遺族は「元気出して」の励ましに傷つくことも……適切な対応は?

    遺族は「元気出して」の励ましに傷つくことも……適切な対応は?

    AERA

    3/22

  • たとえ離婚した相手でも…“死別”のつらさは想像以上に 「遺族外来」の医師が語る壮絶な精神状態

    たとえ離婚した相手でも…“死別”のつらさは想像以上に 「遺族外来」の医師が語る壮絶な精神状態

    dot.

    1/19

    もう会えない母…小林麻央さんの代わりに海老蔵ができること

    もう会えない母…小林麻央さんの代わりに海老蔵ができること

    週刊朝日

    6/27

  • 「大往生」でも悲しみは深い 親の死で直面する「悲嘆のプロセス」とは?

    「大往生」でも悲しみは深い 親の死で直面する「悲嘆のプロセス」とは?

    AERA

    3/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す