楽をしようとすると心が荒む? 住職にとっての家事とは

家事

2017/02/13 07:00

 日進月歩の家電の進歩で、家事は驚くほど楽になって…いないのはなぜだ! 気が付かぬうちに“メタボ化”した家事は時に苦役だ。家事は本来生きること。私たちの手に、家事を取り戻そう。AERA 2017年2月13日号では、「家事からの解放」を大特集。世界的に見ても男性の家事参加率が低い日本。曹洞宗建功寺住職・枡野俊明さんに、家事について話を聞いた。

あわせて読みたい

  • コロナ不安に「足元をよく見て、履物をそろえよ」住職が説く心を穏やかにする禅語

    コロナ不安に「足元をよく見て、履物をそろえよ」住職が説く心を穏やかにする禅語

    AERA

    4/26

    若者もほっとする「精進料理」とは?

    若者もほっとする「精進料理」とは?

    週刊朝日

    5/20

  • 猫好きは悶絶…福井のお寺に「猫のパラダイス」があった! 

    猫好きは悶絶…福井のお寺に「猫のパラダイス」があった! 

    dot.

    7/22

    人間関係は「関わらない」のも大事 帯津医師が「放っておく力」に共感
    筆者の顔写真

    帯津良一

    人間関係は「関わらない」のも大事 帯津医師が「放っておく力」に共感

    週刊朝日

    7/18

  • あなたの街からお寺が消える!? “限界宗教法人”3割の衝撃

    あなたの街からお寺が消える!? “限界宗教法人”3割の衝撃

    週刊朝日

    12/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す