小林麻央さん乳がん公表 「若年性乳がん」は悪性で発見遅れるケースも (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小林麻央さん乳がん公表 「若年性乳がん」は悪性で発見遅れるケースも

このエントリーをはてなブックマークに追加
編集部・作田裕史、鎌田倫子AERA#がん#小林麻央#病気
2010年1月の婚約会見で幸せそうな笑顔を見せる麻央さん。結婚後は2人の子宝に恵まれた。乳がんが発見された1年8カ月前、勸玄くんはまだ1歳7カ月だった (c)朝日新聞社

2010年1月の婚約会見で幸せそうな笑顔を見せる麻央さん。結婚後は2人の子宝に恵まれた。乳がんが発見された1年8カ月前、勸玄くんはまだ1歳7カ月だった (c)朝日新聞社

 まだ33歳なのに、なぜ?

 小林麻央さんの乳がん公表は、日本中に衝撃を与えた。35歳未満の「若年性乳がん」は割合こそ少ないが、深刻な症状になるケースも多い。

「ステージは全部聞いていますが……。深刻だという言葉でご理解いただければ。簡単に治らないから、時間が経過してこのような会見になっているわけですから」

 6月9日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)は都内で緊急記者会見を開き、妻の小林麻央さん(33)が乳がんを患っていることを公表した。

 発覚したのは1年8カ月前。夫婦で行った人間ドックでがんが見つかったという。海老蔵さんは麻央さんのがんのステージについて明言は避けたが、「深刻」という言葉が事態の重みを物語っている。いまだ手術には至っておらず、抗がん剤投与を続けることで「手術をする方向」に向けて治療しているという。

●欧米食と晩産化も因子

 麻央さんはどういう状態なのか。元東京医科大学乳腺外科教授で、現在は神戸海星病院理事長の河野範男さんはこう語る。

「現在の乳がん治療は、リンパ節転移のある場合や悪性度が高いと評価されたがんに対しては、手術前に抗がん剤でがんの縮小、消失を目指す『術前化学療法』が主流です。大きいがんの場合、小さくなることにより乳房温存手術が可能ですし、しこりだけでなく、リンパ節に転移しているがんを消失できれば、予後を飛躍的に改善できるからです。ただ、抗がん剤には副作用もあり、期間は6カ月くらいが目安です」

 その目安を考えると、麻央さんはかなり長期にわたって抗がん剤治療を続けていることになる。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい