浦安市でフィンランド発の出産支援も 各自治体トップの「街づくり」意識

出産と子育て

2016/03/30 11:30

 誰にとって住みやすい街を目指すのか。高齢者と子育て世代の世代間バランスだけでなく、子育てサービスに限っても、働く親のための「保育」を充実させるか、家庭や地域での子育てを想定した「子育て支援」を重視するか、費用助成を積極的にするかで、市区長のスタンスは異なる。

 千葉県浦安市の松崎秀樹市長(66)は、こうコメントした。

「働いているかどうかにかかわらず、子育て世代の共通の悩みは『育児ストレス』だという認識のもと、発育段階に応じた子育てケアプランを、市独自の子育てケアマネジャーが作成する」

 浦安市は2014年10月、フィンランド発の妊娠・出産包括支援「ネウボラ」の自治体版を、首都圏でいち早く始めた。「切れ目のない支援」を謳い文句に、妊娠した時、出産前後、子どもが1歳の時に子育てケアマネジャーや保健師と面接し、ケアプランを作る。育児グッズのプレゼントがあるのも特徴だ。ネウボラは自治体による子育て支援のブームの一つになりつつあり、東京都文京区、品川区、埼玉県和光市なども導入している。(アエラ編集部)

AERA 2016年3月28日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 最新!「保活難民」にならない自治体はここだ 就労と保育の「卵か鶏か」問題に挑む街

    最新!「保活難民」にならない自治体はここだ 就労と保育の「卵か鶏か」問題に挑む街

    AERA

    3/22

    混乱する保活 『幼児教育・保育の無償化』の波でさらなる激化か?

    混乱する保活 『幼児教育・保育の無償化』の波でさらなる激化か?

    AERA

    2/21

  • 日本がお手本にするフィンランドのママ支援「ネウボラ」のここがスゴイ!

    日本がお手本にするフィンランドのママ支援「ネウボラ」のここがスゴイ!

    dot.

    5/15

    「バリバリ働いてお見合いを!」厚労省で物議醸したマンガ

    「バリバリ働いてお見合いを!」厚労省で物議醸したマンガ

    AERA

    4/14

  • 子どもにやさしいフィンランドは常に「チルドレンファースト」

    子どもにやさしいフィンランドは常に「チルドレンファースト」

    AERA

    7/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す