“ポッチャリメンズ”の時代到来? 雑誌創刊、ブランドも増加 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“ポッチャリメンズ”の時代到来? 雑誌創刊、ブランドも増加

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
北海道や沖縄から伊勢丹を訪ねて、まとめ買いするメンズも多い。ここ1、2年は中国からのポッチャリ客が急増しているとか(撮影/写真部・堀内慶太郎)

北海道や沖縄から伊勢丹を訪ねて、まとめ買いするメンズも多い。ここ1、2年は中国からのポッチャリ客が急増しているとか(撮影/写真部・堀内慶太郎)

 包容力や安心感、そして愛らしいコロッとしたフォルム。そんな「ポッチャリメンズ」の時代が来ている?

 先月26日、ポッチャリメンズ向け雑誌「ミスターベイブ」が創刊された。ポッチャリに似合うブランドの特集や、ポッチャリ有名人のインタビュー、ポッチャリメンズ好き女子の対談などがならぶ。

編集長の倉科(くらしな)典仁さん(52)は、もともと若い男性をターゲットにした男性ファッション誌「メンズナックル」の創刊にかかわり、10年以上編集長をしていたが、思うところがあった。

「せっかく編集長をしているのに、若者のファッション誌には自分に合うサイズの服がなく、フラストレーションがたまっていったんです」

 厚生労働省が2013年に行った調査によると、成人男性の28.6%が肥満で、働き盛りの40代に限っては、34.9%。1985年に成人男性の18.2%、95年に23.9%が肥満だったことを考えると、増加傾向にあることがうかがえる。

 自衛官の男性Aさん(30)も、服のサイズに悩む一人。182センチで体重94キロのがっしり系ポッチャリさんだ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい