がん患った日テレ記者 闘病で得た「キャンサーギフト」

がん

2015/09/09 16:00

 もはや「がん=不治の病」ではない。画期的な検診法や治療法の研究は日進月歩だ。仕事を持ちながら、がんの治療をする人はおよそ32万5千人にのぼる。そのなかには、苦しいがんとの闘いの中で“ギフト”を得たと話す人がいる。

あわせて読みたい

  • 意外に少なめ?がん治療で必要な費用は◯◯万円 それより心配なのは…

    意外に少なめ?がん治療で必要な費用は◯◯万円 それより心配なのは…

    AERA

    9/4

    “がん対策”は人手不足解消につながる 東京都で1人当たり60万円の採用奨励金も

    “がん対策”は人手不足解消につながる 東京都で1人当たり60万円の採用奨励金も

    AERA

    2/8

  • がん医療にコロナを持ち込まない 「専用外来」「病院分け」患者守る病院の対策

    がん医療にコロナを持ち込まない 「専用外来」「病院分け」患者守る病院の対策

    AERA

    5/17

    事前検査で「乳がん」は4つのタイプに 事前薬物療法で効果あるケースも

    事前検査で「乳がん」は4つのタイプに 事前薬物療法で効果あるケースも

    週刊朝日

    10/31

  • 小林麻央さん乳がん公表 「若年性乳がん」は悪性で発見遅れるケースも

    小林麻央さん乳がん公表 「若年性乳がん」は悪性で発見遅れるケースも

    AERA

    6/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す