昇進が決まったところで妊娠発覚 乗り越え方は

働く女性

2014/12/08 16:00

 管理職の道が見えたところで、妊娠がわかった。それでもポストは与えられた。だが、時間制約のなかで働く大変さは予想以上――働く女性ならば他人事ではない出来事。東京都庁で働く丹羽恵玲奈(47)は、その経験を部下に還元したいと話す。

あわせて読みたい

  • 小雪の超スピード2人目妊娠を羨む女性 問題は産後セックスレス

    小雪の超スピード2人目妊娠を羨む女性 問題は産後セックスレス

    AERA

    9/28

    「ママ、お仕事辞めて」働く母のジレンマ解消までは遠い?「平成は過渡期」との声も

    「ママ、お仕事辞めて」働く母のジレンマ解消までは遠い?「平成は過渡期」との声も

    dot.

    4/29

  • 40代キャリア女性の妊娠報告 休むことへの罪悪感より大切なこと

    40代キャリア女性の妊娠報告 休むことへの罪悪感より大切なこと

    AERA

    6/23

    育休3年はピンズレ?職場「ポスト死守」する女性の現実

    育休3年はピンズレ?職場「ポスト死守」する女性の現実

    AERA

    5/14

  • なぜ私が? 出世に戸惑う女性管理職たちから生まれた物語

    なぜ私が? 出世に戸惑う女性管理職たちから生まれた物語

    AERA

    5/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す