"バスクリン"の起源は、奈良県・當麻寺にあった?

2016/08/01 10:00

 入浴剤の定番商品といえば、株式会社ツムラの製品"バスクリン"を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実はこのバスクリン、元々は"浴剤中将湯(ちゅうじょうとう)"という、温泉のように温まると評判の入浴剤を起源とするもの。その主成分は婦人薬"中将湯"原料の生薬であり、中将湯というネーミングは、伝説の女性・中将姫に由来するのだといいます。

あわせて読みたい

  • 全国“ゆるくない”キャラ図鑑「せんとくん」 2015年のせんとくん

    全国“ゆるくない”キャラ図鑑「せんとくん」 2015年のせんとくん

    週刊朝日

    7/13

    お盆もクライマックス!「九品」をご存知ですか?

    お盆もクライマックス!「九品」をご存知ですか?

    tenki.jp

    8/15

  • 七十二候≪蓮始開~はすはじめてひらく~≫泥より出でて泥に染まらぬ崇高で清らかな花

    七十二候≪蓮始開~はすはじめてひらく~≫泥より出でて泥に染まらぬ崇高で清らかな花

    tenki.jp

    7/14

    ハスより紡ぎだされる聖なる織物「藕糸(ぐうし)」とは?七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

    ハスより紡ぎだされる聖なる織物「藕糸(ぐうし)」とは?七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

    tenki.jp

    7/12

  • ホテルニューグランド、富士屋ホテル、奈良ホテル......日本を代表する

    ホテルニューグランド、富士屋ホテル、奈良ホテル......日本を代表する"名建築"の老舗ホテルとは

    BOOKSTAND

    11/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す