「許すって何だろう」 窪美澄が描く家庭内暴力を受けた子供の苦悩

読書

2021/07/24 16:00

 父親に暴力を振るわれていたカメラマンの史也は、児童養護施設で育った看護師の梓に出会う。子供時代の傷を抱える2人はひかれ合い、過去と対峙する旅に出る。親を許すことはできるのか。『朔が満ちる』(朝日新聞出版、1870円・税込み)は、本誌の連載を改稿した長編小説だ。

あわせて読みたい

  • いつか誰かと居たことを懐かしむ前に、差し込む光のように

    いつか誰かと居たことを懐かしむ前に、差し込む光のように

    BOOKSTAND

    5/18

    小説家が提案する「50代での卒婚」 家族のしがらみから解放され「たおやかに生きる」

    小説家が提案する「50代での卒婚」 家族のしがらみから解放され「たおやかに生きる」

    AERA

    4/5

  • さよなら、ニルヴァーナ

    さよなら、ニルヴァーナ

    週刊朝日

    7/2

    直木賞史上初! 候補者全員女性という出来事からみる「時代の変化」とは?

    直木賞史上初! 候補者全員女性という出来事からみる「時代の変化」とは?

    AERA

    6/26

  • 元農水事務次官に刺殺された長男の壮絶な家庭内暴力といじめ体験

    元農水事務次官に刺殺された長男の壮絶な家庭内暴力といじめ体験

    週刊朝日

    6/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す