入試のマスク着用は必要なし? 帯津医師が“拡大解釈”に疑問

ナイス・エイジングのすすめ

ヘルス

2021/02/22 07:00

 この咳エチケットとしてのマスクの必要性は、会話エチケットに拡大しました。会話でも飛沫は出る。だから会話する両者がマスクをしていたほうが、飛沫防止につながるというわけです。これは確かに一定の効果があるようですから、納得できます。しかし、このマスクの必要性は、いつの間にか、さらに拡大してしまったのです。

 例えば、最近はお店に入るときに、マスクの着用を求められます。しかし、客同士や店員と会話するわけでもなく、ただ商品をながめるだけなら、なぜマスクが必要なのでしょうか。咳エチケットだけで十分です。また、マスクは咳エチケット、会話エチケットのためにあると明確にその必要性を意識していれば、普段はマスクを首にかけていて、咳をするときや、会話のときだけ上に戻せばいいのです。

 さて入試の場合ですが、試験会場で会話はしません。ですから、会話エチケットの必要はありません。つまり、咳エチケットだけを徹底すればいいのです。マスクを常時していれば、思考力は鈍るでしょうし、メガネが曇るということも起きます。そういう不利益を受験生に強いることに私は疑問を感じます。

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など著書多数。本誌連載をまとめた「ボケないヒント」(祥伝社黄金文庫)が発売中

週刊朝日  2021年2月26日号

帯津良一

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など著書多数。本誌連載をまとめた「ボケないヒント」(祥伝社黄金文庫)が発売中

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 帯津医師「マスクは必要悪」 今こそマスク着用のマイナス点を考える
    筆者の顔写真

    帯津良一

    帯津医師「マスクは必要悪」 今こそマスク着用のマイナス点を考える

    週刊朝日

    12/7

    マスク着用は免疫力に悪影響の恐れも 状況によって「鼻出し」のススメ
    筆者の顔写真

    帯津良一

    マスク着用は免疫力に悪影響の恐れも 状況によって「鼻出し」のススメ

    週刊朝日

    9/14

  • 「アベノマスク」に国民ズッコケ 12年前に指摘されていた効果の限界

    「アベノマスク」に国民ズッコケ 12年前に指摘されていた効果の限界

    週刊朝日

    4/13

    「マスクを過信することの方が危険」帯津医師がマスクをしない理由
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「マスクを過信することの方が危険」帯津医師がマスクをしない理由

    週刊朝日

    7/20

  • 実ははずしてOK! ジョギング中や散歩中のマスク装着に「科学的合理性なし」

    実ははずしてOK! ジョギング中や散歩中のマスク装着に「科学的合理性なし」

    AERA

    6/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す