V6・坂本昌行が後輩・河合郁人に「想像もつかない表現で、刺激を受ける」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

V6・坂本昌行が後輩・河合郁人に「想像もつかない表現で、刺激を受ける」

太田サトル週刊朝日
※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

 V6とA.B.C-Z。それぞれのグループで活躍する二人が舞台初共演。ジャニーズモノマネで人気の河合郁人は、坂本昌行のモノマネもできるのか? 舞台で描かれる「平和」とは? コロナ禍でのエンターテインメントの役割は? たっぷり語り合っていただきました。

【写真】坂本昌行さんと河合郁人さんが飾った週刊朝日の表紙はこちら

──先輩後輩ツーショット撮影は、いかがでしたか?

坂本昌行:先輩後輩でのツーショットは、こういう(共演の)機会でもないとなかなかないのでうれしいですね。

河合郁人:先輩とのツーショットは、もしかしたら初めてかもしれません。いい緊張感があって楽しかったです。

──お二人は本格的共演は初めてとのことですが、共演の感想は?

河合:僕はもともとジャニーズが大好きで、ジャニーズだけを録画する専用のビデオテープがあったほどなんです。SMAPさん、TOKIOさん、KinKi Kidsさん、そしてもちろんV6さん。それこそ坂本さんは、僕がジャニーズに入る前から大活躍されていたあこがれの人物の一人だったので、そんな先輩と舞台に一緒に出るということが、今もまだどこか不思議です。

坂本:河合くんは、ジャニーズ初のモノマネ芸人ということなので……。

河合:芸人ではないです(笑)。

坂本:(スルーして)そのジャニーズ初のモノマネ芸人が、大きな舞台に出ることになったんだなと(笑)。今テレビで活躍する彼は、僕たちが想像もつかない表現をしてくれ、そこに刺激を受けることもあるのでこの先も楽しみです。

──モノマネで得たものが芝居に生きるようなことはありますか?

河合:東山(紀之)さんのドラマにゲスト出演したときに、監督さんに「ここは木村拓哉さん風にやってみて」と言われたことが一度だけありますが、普段はモノマネのくせが出ないように、河合郁人として演じるように気をつけています。

坂本:自分が誰なのかわからなくなったりする?

河合:アハハ、ほんとにそうなんですよ。気をつけないと(笑)。

──坂本さんのモノマネはできますか?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい