安藤優子「ネット上の意見」紹介に「すんごくイライラしますよ」 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

安藤優子「ネット上の意見」紹介に「すんごくイライラしますよ」

松岡かすみ,一木俊雄週刊朝日
安藤優子 (撮影/写真部・掛祥葉子)

安藤優子 (撮影/写真部・掛祥葉子)

安藤優子さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・掛祥葉子)

安藤優子さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・掛祥葉子)

 40年にわたり、生放送生活を送ってきた安藤優子さん。作家・林真理子さんとの対談では、ジャーナリズムやメディアの在り方を語り合いました。

【安藤優子さん(左)と林真理子さんのツーショット写真はこちら】

*  *  *
林:安藤さん、9月に「直撃LIVE グッディ!」が終わって、フジテレビの生放送生活にピリオドを打たれたんですね。おやめになった後、政界に打って出るんじゃないかと言われてますけど、どうなんですか。

安藤:いや、ないですよ。すごいストレートに聞きますね(笑)。

林:都知事選に出るとか。

安藤:それ、毎回言われます。自民党が世論調査して「イマイチだな」とか言われると、「頼んでないよ」っていつも思う(笑)。

林:でも、世の中は「小池さんに対抗できるのは安藤さんしかいない」ってみなさん思ってるんじゃないですか。

安藤:私が都知事選に出ることはないと思いますけど、なんで「テレビをやらないんだったら政治」ってなるんですかね。ただ私、実は去年博士号を取ったんですよ。研究のテーマが「女性議員」なんです。だからかな。

林:ハーバード大学の大学院の入学試験に受かったのに、行けなかったんですよね。

安藤:ハーバードのHKS(ケネディスクール=公共政策大学院)に受かってたんですけど、フジテレビの担当の偉い人が、「ニュースをやめて行くなら、俺を殺してから行け」と言ったので、それならと上智大学の大学院に行ったんです。

林:それで博士号を?

安藤:最初、修士を取って、それから博士号。

林:じゃ、どこでも教えることができるんでしょう? 安藤さんなら「大学でジャーナリスト論を教えてほしい」というリクエスト、いっぱいあるんじゃないですか。

安藤:うーん、自分でも考えあぐねてるんです。教えることなんてできるのかなと思って。

林:第一線で活躍してる人の話を聞くって、学生さんにとってはすごく貴重なことだと思いますよ。

安藤:フジテレビでも新人のアナウンサー研修とか記者研修をやってたんですけど、新人のアナウンサーとか記者たちって、すごく勢い込んで入ってくるんですよ。その気持ちは尊いと思うんですが、「テレビはこうあるべき」とか「ジャーナリスト論はこうだ」とか、すごく頭でっかちになってるんで、やるならできる限り実践的なところから話をしたいなと思います。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい