コロナで疲弊する看護師の現実「世間はGo To楽しんでいるのに」

新型コロナウイルス

2020/12/06 08:02

 コロナ禍で看護師の「燃え尽き症候群」が懸念されている。極度のストレスや疲労などからくる徒労感や無力感で、仕事への意欲を失うケースもある。看護師不足が叫ばれるなか、さらなる離職は医療崩壊にもつながりかねない。患者の命を救うためにも、まずは看護師を守らなければならない。

あわせて読みたい

  • コロナ飛沫が顔に 医師より感染リスク高い看護師たちの危機

    コロナ飛沫が顔に 医師より感染リスク高い看護師たちの危機

    週刊朝日

    12/5

    「冬には医療崩壊が起きる」 現場の医師が危惧する重症者が「たらい回し」になる日

    「冬には医療崩壊が起きる」 現場の医師が危惧する重症者が「たらい回し」になる日

    AERA

    8/19

  • 中高年患者急増で病床が不足する 現場が警戒する施設内クラスターと院内感染

    中高年患者急増で病床が不足する 現場が警戒する施設内クラスターと院内感染

    AERA

    11/26

    医療経営は逼迫している 医療機関の3割がボーナス減 「民間の中小病院が最も苦しい」

    医療経営は逼迫している 医療機関の3割がボーナス減 「民間の中小病院が最も苦しい」

    AERA

    7/22

  • 「想定よりずっと早くきたコロナ患者受け入れ要請」がん研有明病院・佐野武病院長インタビュー

    「想定よりずっと早くきたコロナ患者受け入れ要請」がん研有明病院・佐野武病院長インタビュー

    AERA

    2/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す