巨人・菅野智之のメジャー流出で、チームは暗黒時代到来の危機 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人・菅野智之のメジャー流出で、チームは暗黒時代到来の危機

牧忠則週刊朝日
日本シリーズ第1戦に登板した菅野智之(C)朝日新聞社

日本シリーズ第1戦に登板した菅野智之(C)朝日新聞社

 巨人のエース・菅野智之がポスティングシステムを利用してメジャー挑戦することが決定的となった。巨人のセ・リーグ連覇は菅野なくては成しえなかった。プロ野球新記録の開幕13連勝を飾るなど、首位独走の立役者となり、14勝2敗、防御率1.97。3度目の最多勝、初の最高勝率(8割7分5厘)を獲得した。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

 新型コロナウイルスの影響で収益が大幅に減ったのは日本プロ野球機構(NPB)だけでない。メジャー球団も経営状況は厳しく、今オフの大型補強は消極的なチームが多いと言われている。

 だが、菅野は別格だ。長年視察してきたスカウトは、こう予測する。

「彼は別格だよ。ダルビッシュ有(カブス)、前田健太(ツインズ)、田中将大(ヤンキース、現在はフリーエージェント=FA)に匹敵する力を持っている。球の精度が高く、試合を作る能力が高い。ポスティングになれば争奪戦になるだろう」

 菅野は日本ハムのドラフト1位指名を拒否し、1浪して巨人に入団した経緯がある。エースとしてその後の申し分ない活躍を見れば、巨人も菅野の夢を叶えてあげたいという思いは強いだろう。

 一方で、エースが退団するとなれば、大きな戦力ダウンになる。今季の巨人で2桁勝利は菅野のみ。高卒2年目の戸郷翔征が9勝(6敗)を挙げたが、今季の活躍で相手に徹底的に研究される。大きな伸びしろを持った投手だが、菅野の後のエースを託すのは荷が重い。来日1年目に8勝(4敗)をマークしたサンチェスは150キロ近い直球、スプリット、カットボールと球の質は高いが、突然崩れるなど投球は不安定の部分がある。田口麗斗、畠世周、今村信貴もまだまだ物足りない。

 スポーツ紙の巨人担当は、こう分析する。

「菅野は数字以上の貢献度があります。カードの初戦に投げて相手打者を崩すことで、2戦目以降に先発する戸郷やサンチェスが投げやすくなる部分がありました。救援陣の負担も軽減するので助かったと思います。他球団からの補強で埋まる穴ではない。FA宣言すれば、巨人が獲得に乗り出していた中日のエース・大野雄大は残留。FA権を行使するか注目されるDeNAの井納翔一はスタミナ十分で能力が高い投手ですが、好不調の波が激しく、貯金を作れる投手ではありません」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい