1カ月の違いが思わぬ損失に 65歳より64歳11カ月で退職がお得な理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1カ月の違いが思わぬ損失に 65歳より64歳11カ月で退職がお得な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
村田くみ週刊朝日#シニア#仕事
※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

(週刊朝日2020年10月16日号より)

(週刊朝日2020年10月16日号より)

 いま、経験のあるシニアが求められている。中小企業は慢性的に人材不足で、求人サイトに載っていないニーズもある。ただ、65歳以降、働き続けたいと思うとき、年金制度だけでなく「雇用保険」制度を知っておかないと、思わぬ損失につながりかねない。

【図で見る】65歳で退職するより64歳11カ月のほうがお得

「ちょうど65歳の誕生日を迎えた日に退職をする人を見かけますが、損をします。退職金やもらえる年金を見ながら、退職をする時期には十分気をつけましょう」

 そうアドバイスするのは、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーの井戸美枝さん。

 再雇用で働き続けるとき、65歳以降に退職をするか、誕生日の前々日までに退職するか、その選択肢によって雇用保険の「失業給付」の種類が違ってきて、65歳以降に退職すると、雇用保険の失業給付の種類が、「高年齢求職者給付金」となる。

 基本手当日額の50日分か30日分を一時金で受け取る。例えば、被保険者期間20年以上で基本手当日額4千円の人が65歳以降に退職すると、4千円×50日分、20万円が一括で支給される。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい