「美しい死」とは? 帯津医師の「品位ある医療」と「死に方」

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2020/10/05 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「美しい死について」。

あわせて読みたい

  • 医師・看護師らが明かす“いい死に方”“悪い死に方”

    医師・看護師らが明かす“いい死に方”“悪い死に方”

    AERA

    11/16

    自分の死「映画のようにイメージを」医師が提唱

    自分の死「映画のようにイメージを」医師が提唱

    週刊朝日

    12/2

  • 死を前に倒れた先にいてほしいのは…帯津医師がすすめる明るい“死のイメトレ”
    筆者の顔写真

    帯津良一

    死を前に倒れた先にいてほしいのは…帯津医師がすすめる明るい“死のイメトレ”

    週刊朝日

    6/17

    お棺に入らないから骨をポキポキッ 延命治療の悲しき結末

    お棺に入らないから骨をポキポキッ 延命治療の悲しき結末

    週刊朝日

    12/30

  • 末期がん患者の最期を見つめ在宅医療の在り方を問う 死と向き合った映画

    末期がん患者の最期を見つめ在宅医療の在り方を問う 死と向き合った映画

    AERA

    2/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す