世界の頂点見えた北島康介に「プール離れて肉体改造を」 平井コーチが描いた戦略 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

世界の頂点見えた北島康介に「プール離れて肉体改造を」 平井コーチが描いた戦略

連載「金メダルへのコーチング」

このエントリーをはてなブックマークに追加
平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる──勝負できる人材をつくる50の法則』(朝日新聞出版)など著書多数

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる──勝負できる人材をつくる50の法則』(朝日新聞出版)など著書多数

福岡世界選手権200メートル平泳ぎで3位に入った北島康介=2001年7月 (c)朝日新聞社

福岡世界選手権200メートル平泳ぎで3位に入った北島康介=2001年7月 (c)朝日新聞社

 指導した北島康介選手、萩野公介選手が、計五つの五輪金メダルを獲得している平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチ。連載「金メダルへのコーチング」で選手を好成績へ導く、練習の裏側を明かす。第17回は「北島康介とウェートトレーニング」について。

【写真】福岡世界選手権平泳ぎで3位に入った北島康介

*  *  *
 ちょうど20年前の2000年4月、当時高校3年の北島康介が五輪代表選考会を兼ねた日本選手権の男子100メートル平泳ぎで日本新を出して初優勝、シドニー五輪出場を決めました。

 01年福岡世界選手権では200メートル平泳ぎで3位に入り、世界大会で初めて表彰台に上がります。世界の頂点が視野に入ってきましたが、「結果を出しても守りに入るな」と自分に言い聞かせていました。五輪金メダルを取るためには、だれもやったことのないような練習が必要だからです。

 福岡世界選手権が終わった秋からは本格的なウェートトレーニングを始めました。それまで抑制的にやっていましたが、このときは「肉体改造」を目指して開所したばかりの国立スポーツ科学センター(JISS)の専門家の指導を受けて徹底的に行いました。

 トップ選手の平泳ぎはデリケートな種目です。腕のかきとキックのタイミングが少しずれただけでも、泳ぎが崩れてしまいます。当時の北島は世界の強豪に比べると細身で、水の抵抗を減らす泳ぎの技術を磨いて記録を伸ばしてきたので、ウェートトレーニングで筋肉を大きくすることに否定的な意見もありました。

 しかし、いくら水の抵抗を減らしても、エンジンが小さいままでは、いずれ頭打ちになります。100メートルと200メートルの2種目で五輪金メダルを狙っていたので、スピードを上げることは絶対に必要でした。筋力がついたら、そのパワーに応じて泳ぎ方を変えればいい、と考えていました。

 本格的なウェートトレーニングを始めて数カ月は、水中練習のパフォーマンス低下には目をつぶりました。めったなことで弱音を吐かない北島も筋肉痛で思うように泳げないときは、「先生、きついです」と言うこともありました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい