料理はスポーツと同じ? 美人研究家の「家庭料理」とは (3/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

料理はスポーツと同じ? 美人研究家の「家庭料理」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
大原千鶴(おおはら・ちづる)/1965年、京都府生まれ。京都・花脊の料理旅館「美山荘」が生家。小さなころから自然に親しみ、料理の心得を学ぶ。結婚後、京都市中に移り住み、2男1女の母として子育てのかたわら、料理研究家として活動を始める。NHK「きょうの料理」、NHK BS4K「あてなよる」レギュラー出演、NHK BSプレミアム「京都人の密かな愉しみ」料理監修のほか、家庭料理の講習や講演など、幅広く活躍している。第3回京都和食文化賞受賞。著書多数。近著に、初のエッセー本『旨し、うるわし、京都ぐらし』(世界文化社)。 (撮影/写真部・掛祥葉子)

大原千鶴(おおはら・ちづる)/1965年、京都府生まれ。京都・花脊の料理旅館「美山荘」が生家。小さなころから自然に親しみ、料理の心得を学ぶ。結婚後、京都市中に移り住み、2男1女の母として子育てのかたわら、料理研究家として活動を始める。NHK「きょうの料理」、NHK BS4K「あてなよる」レギュラー出演、NHK BSプレミアム「京都人の密かな愉しみ」料理監修のほか、家庭料理の講習や講演など、幅広く活躍している。第3回京都和食文化賞受賞。著書多数。近著に、初のエッセー本『旨し、うるわし、京都ぐらし』(世界文化社)。 (撮影/写真部・掛祥葉子)

大原千鶴さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・掛祥葉子)

大原千鶴さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・掛祥葉子)

林:大原さんは、調味料とかもふつうにうちにあるようなものを使うんですよね。皆さんからよく「すごい調味料を使ってるんでしょう?」って言われるそうですけど。

大原:スーパーにあるふつうの調味料で、お味噌も、安売りのときは750グラム298円とか、そんなの使ってるんですよ。

林:そうなんですか。

大原:すごくいい材料を取り寄せればおいしいものができると思うんですけど、自分はそういう料理を目指してるわけじゃないのでね。子どもが小さかったころは、たとえばコショウなんかも、挽くコショウはからくて食べにくいじゃないですか。だからふつうのうちにあるふつうのコショウになるんですよね。そういうものを使うと、味が昭和な感じで、落ち着いた味になるっていうか。

林:ああ、昭和の落ち着いた味。

大原:私、家の料理って、きのう何を食べたか覚えてないぐらいすっと食べていくものがおいしいと思うんですよ。お母さんが張り切って難しい料理をして、それなのに食べてくれなくてイライラしたりするほうが弊害だなと思ってるんです。お母さんがラクにつくれて、子どもたちも旦那さまもラクに食べられるような料理をつくっていきたいなと思ってるんです。

林:確かに大原さんの本を読むと、肩ひじ張らずにラクにできそうな気がします。

大原:京都には「三里四方の食材を食べろ」という言葉があって、12キロってえらい狭いですが、近くで育った野菜とかとれたものを食べると、同じ土、同じ空気、同じ水で育ってるものだから、体になじんで健康にもいいというんですね。「身土不二」とかいいますよね。そのほうが自分らしい食べ方ができるような気がします。

林:京都には京野菜があって、見た目も美しい野菜ですが、あれを東京で買うと、まあ高いこと高いこと。

大原:そうですよね。京都だと、それがちょっと曲がってたりしたら、すごく安く売ってますからね。東京の方は江戸の野菜を召し上がっていただいたらいいと思うし、そこに無理をすること自体が、私にはストレスな感じがします。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい