「桜を見る会」中止に騙されるな! 安倍首相“アウト”公選法違反を告発 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「桜を見る会」中止に騙されるな! 安倍首相“アウト”公選法違反を告発

このエントリーをはてなブックマークに追加
亀井洋志,上田耕司,吉崎洋夫,今西憲之週刊朝日#安倍政権
今国会で説明する気はないのであろう安倍首相 (c)朝日新聞社

今国会で説明する気はないのであろう安倍首相 (c)朝日新聞社

“安倍1強”の傍若無人もここに極まれりだ。安倍晋三首相主催の「桜を見る会」で、安倍首相が地元の後援者を多数招いていた問題が拡大の一途をたどっている。多額の税金が投入される公的行事を地元後援者の接待に使ったとして、公職選挙法などに抵触する疑いまで指摘される。

【写真】本人直撃!「桜を見る会」に招待されたNo.1キャバクラ嬢

 政府は招待基準などを見直すことを理由に来年度の「桜を見る会」の開催中止を決め、早期の幕引きを図ろうとしている。だが、内閣官房関係者は緊迫感を漂わせながらこう語る。

「これまでの問題とは明らかに次元が違います。森友・加計は官僚の忖度(そんたく)の問題でもあったが、今回は安倍事務所が直接絡んでいる。官邸や党内は相当の危機感を募らせ、ヤバイという声が出ています。今回の件で安倍さんが報道陣のぶら下がり取材に応じるとは思いませんでした」

 11月15日は普段とは違う異例のぶら下がり取材となった。政治部記者はこう言う。

「いつもは問いかけに一言二言だけ答えて通り過ぎるのですが、今回は20分以上いました。やたらと『次の質問どうぞ』と言っていたのが面白かったですね。かなり焦っているのは間違いありません」

 桜を見る会は1952年に始まり、毎年4月ごろに東京・新宿御苑で開かれる。皇族や各国の駐日大使、国会議員や中央省庁幹部らが参加するほか、各省庁が推薦する形で各界の功労者たちが招待されてきた。今回、国会議員の推薦枠があることが明らかになったが、安倍首相はこの枠を利用し、会を「後援会活動」に使ったのである。

 参加者や支出額は、安倍政権下で年々増え続けてきた。招待者数の目安は1万人とされているにもかかわらず、2014年度の約1万3700人から、今年度には約1万8200人にまで増加。この間、予算は1767万円で固定されていたが、実際の支出額は毎年のように大幅にオーバー。14年度は約3千万円だったのが、今年度には約5500万円まで膨れ上がった。

 会に参加した山口県周南市の藤井律子市長がつづったブログが国会でも取り上げられ、失笑を買った。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい