認知症の外出時トラブル保障も 知っておきたい安心制度

シニア

2019/10/07 07:00

 政府が2025年までに取り組む施策を盛り込んだ新たな「認知症施策推進大綱」では、発症や進行を遅らせる「予防」とあわせ、認知症の人が暮らしやすい社会を目指す「共生」が柱として掲げられた。認知症になっても住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けるためには、どのような制度を利用すればいいのだろうか。

あわせて読みたい

  • 75歳過ぎたら危険信号 “認知症マネー”を守る方法

    75歳過ぎたら危険信号 “認知症マネー”を守る方法

    週刊朝日

    10/1

    年24万円の支出に、本人の意思叶わず…成年後見制度で後悔した理由

    年24万円の支出に、本人の意思叶わず…成年後見制度で後悔した理由

    週刊朝日

    3/12

  • 親が認知症になると財産は凍結 認知症700万人時代の相続対策とは

    親が認知症になると財産は凍結 認知症700万人時代の相続対策とは

    AERA

    1/18

    認知症で資産凍結リスク 元気なうちに知っておきたい財産管理術

    認知症で資産凍結リスク 元気なうちに知っておきたい財産管理術

    AERA

    11/8

  • “認知症マネー”の3つのリスク 後見人と家族の思いがずれる場合

    “認知症マネー”の3つのリスク 後見人と家族の思いがずれる場合

    週刊朝日

    10/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す