甲子園の“球数制限”時代にどう向き合うか? 東尾修が一言 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

甲子園の“球数制限”時代にどう向き合うか? 東尾修が一言

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

夏の甲子園でも高い評価を受けた星稜の奥川恭伸 (c)朝日新聞社 

夏の甲子園でも高い評価を受けた星稜の奥川恭伸 (c)朝日新聞社 

 私立は実力のある投手を複数人そろえることができるだろうが、公立はどうすればいいか。「エース」1人は育てられても、全国に通用するような複数投手を用意できるかはわからない。そのビハインドを解消するには、中学時代に投手経験のない野手を、いかに指導者が見抜いてあげられるか、だろう。指導者の能力に投手育成は重要なウェートを占めることになる。

 ただ、どんなに時代は変わっても、高校で野球をやる人間にとって「甲子園」とは憧れであり、目標の舞台であってほしい。球数制限が導入されたからといって、トレーニングの質や量を落としていいはずがない。高校球児にとって「甲子園でプレーしたい」「甲子園に出たい」という大会であり続けてほしい。

 絶対的な才能があって、将来プロを目指そうとする投手は、試合での負担は減るだろうが、「強さ」を身につけることだけは忘れてほしくない。技術があっても、体と心が伴わなければ、プロの世界では活躍できない。心技体それぞれに「強さ」が求められることに変わりはない。

 現在日本高野連で検討されている球数制限は、「1試合○○球」といった画一的な制限ではなく「一定期間で○○球」といった形を模索していると聞く。ルール導入には必ず賛否があり100%の正解はない。プロ経験者の声だけでなく、今現場で高校球児と向き合っている関係者が考え抜いたルールを尊重したい。

週刊朝日  2019年9月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい