板東英二の1千球を受け続けた捕手が語る甲子園の思い出 「ボールを受けると血が飛ぶ」

2019/08/07 10:30

 6日に阪神甲子園球場で開幕した第101回全国高校野球選手権大会。週刊朝日増刊「甲子園2019」(発売中)では徳島商の名投手、板東英二の1千球を受け続けた捕手が当時の甲子園の思い出を振り返った。

あわせて読みたい

  • 甲子園 全代表校の完全データを収録『甲子園2019』発売!吉田輝星、根尾昂らの独占インタビューも

    甲子園 全代表校の完全データを収録『甲子園2019』発売!吉田輝星、根尾昂らの独占インタビューも

    8/2

    あなたはいくつ知ってる? 高校野球トリビア14選

    あなたはいくつ知ってる? 高校野球トリビア14選

    週刊朝日

    8/14

  • 甲子園トリビア13選 “珍風景”“前人未到の記録”とは?

    甲子園トリビア13選 “珍風景”“前人未到の記録”とは?

    週刊朝日

    8/5

    好きじゃないのにプロ野球選手になれた? 板東英二の半生

    好きじゃないのにプロ野球選手になれた? 板東英二の半生

    週刊朝日

    5/4

  • 150キロ台連発の圧巻投球 中京大中京・高橋「本当の実力」

    150キロ台連発の圧巻投球 中京大中京・高橋「本当の実力」

    週刊朝日

    8/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す