“最強で最凶”の米・副大統領 世界をめちゃくちゃにした男の実話映画とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“最強で最凶”の米・副大統領 世界をめちゃくちゃにした男の実話映画とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
(c)2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

(c)2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

(c)2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

(c)2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

 映画「バイス」が4月5日から全国公開される。監督は「マネー・ショート 華麗なる大逆転」でアカデミー賞の脚色賞を受賞したマッケイ。プロデューサーにはブラッド・ピットの名前も。本年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞を含む8部門でノミネートされ話題に。

【映画「バイス」の場面写真はこちら】

 1960年代半ば、酒癖の悪いチェイニー(クリスチャン・ベール)が、のちの妻となる恋人のリン(エイミー・アダムス)に尻を叩かれ政界への道を志す。型破りな下院議員ラムズフェルド(スティーブ・カレル)のもとで政治の表と裏を学んだ彼は、次第に魔力的な権力の虜になっていく。大統領首席補佐官、国防長官を経て、ジョージ・W・ブッシュ(サム・ロックウェル)政権の副大統領に就任したチェイニーは、“陰の大統領”としてふるまい始める。

 2001年の同時多発テロ事件では自ら危機管理に当たり、イラク戦争へと国を導いていく。法を曲げることも、国民への情報操作もすべて意のままに。こうして彼は、世界の歴史を塗り替えていく。

 本作に対する映画評論家らの意見は?(★4つで満点)

■渡辺祥子(映画評論家)
評価:★★★★ 超オススメ、ぜひ観て
親分子分のつながりが逆転するラムズフェルドとの関係が見もの。嫌な奴でも同性愛の娘を守る腹芸男チェイニーの親心は買いたいが、もしかするとこれも計算のうち?よくわかるのは亭主の出世に賭けた妻のしたたかさ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい