細野晴臣のデビュー作が46年ぶりにレストア! これは“新作”だ!

知新音故

小倉エージ

2019/03/29 16:00

「住所不定無職低収入」はシャッフル・スタイルで、ラウンジ風のテイストも。オリジナルは、若者の明日への不安を歌っていたが、新作では、ニッポンの現実を反映し、定職にありつけずにいる人々全体に光を当てた歌になっている。

 カリプソ風だった「福は内 鬼は外」は、打ち込みによる軽快なリズムがセカンドライン風に。タイトルは“鬼は外”そのままだが、歌詞は“鬼も内”と変えられている。

 リトル・フィート風だった「冬越え」は、ラグ・タイム調のギターの弾き語りで。狭山の厳しい冬の生活を歌った曲が、今の細野の心境を物語る歌へと変化している。

「終りの季節」は、ギターがメロディーを奏でる演奏曲になっていて意外だった。「CHOO CHOO ガタゴト・アメリカ編」では、歌詞の一部を改めている。

「僕は一寸・夏編」は、アレサ・フランクリンへの追悼の思いもあって、サザン・ソウル風のバラードに。歌詞も“日の出ずる国”から“日が沈む国”になど、大幅に変更し、時代の変遷、自身の足跡を振り返りながら“坂を登れば きっと景色が変わる”と明日への希望を託している。本作でのハイライト曲だ。

 知的で洗練を極めたアレンジや歌詞の妙。穏やかで味わい深く大きな余韻を残す歌の説得力。旧作に取り組みながらも、今の心情を明らかにし、未来に向かう意思を示した“新作”だ。新たな傑作の誕生に、興奮と感動を覚える。(音楽評論家・小倉エージ)

小倉エージ

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2 3

あわせて読みたい

  • 50年の邦楽アルバム・ベスト100 堂々の1位は、あの伝説のバンド

    50年の邦楽アルバム・ベスト100 堂々の1位は、あの伝説のバンド

    週刊朝日

    4/26

    “復活”小坂忠が全身全霊でつくった新たな金字塔
    筆者の顔写真

    小倉エージ

    “復活”小坂忠が全身全霊でつくった新たな金字塔

    週刊朝日

    9/14

  • 「ジャンルがわからない」と嘆かれたYMOが世界デビューした経緯
    筆者の顔写真

    延江浩

    「ジャンルがわからない」と嘆かれたYMOが世界デビューした経緯

    週刊朝日

    10/27

    細野晴臣はアメリカでも人気 LA公演を収めたライブ盤
    筆者の顔写真

    岡村詩野

    細野晴臣はアメリカでも人気 LA公演を収めたライブ盤

    AERA

    3/2

  • 細野晴臣、星野源と小山田圭吾が選曲したベスト盤をリリース

    細野晴臣、星野源と小山田圭吾が選曲したベスト盤をリリース

    Billboard JAPAN

    7/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す