巨人・岩隈は活躍できるか? 鍵は「マウンドさばき」と東尾修 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人・岩隈は活躍できるか? 鍵は「マウンドさばき」と東尾修

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

右肩の不安さえ取り除けば、大きな戦力だ (c)朝日新聞社

右肩の不安さえ取り除けば、大きな戦力だ (c)朝日新聞社

 一方で新人選手も春季キャンプに入って、スポーツメディアに大きく取り上げられている。西武のドラフト1位の松本航も、他球団のスコアラーが絶賛している報道を目にした。これから宮崎県日南市の南郷キャンプも視察するので、機会があれば彼の投球を見たいと思っている。日本ハムの吉田輝星も、まだ調子は上がってこないみたいだが、今の時期から絶好調だと、かえって怖い。開幕までまだ1カ月半あるし、焦る必要は何一つない。

 そして、ブルペン投球などの報道を目にすると、今の投手は多くの球種を持っているなと感じる。打撃技術の向上がそうさせているのだろう。以前なら球威のある速球を投げられる投手はもう一つ、ウィニングショットとなる落ちる球があれば良かったが、今は違う。スライダーやカットボールは持ち球として当たり前で、さらに抜く球、カーブやチェンジアップがないと、長く活躍はできない。

 変化球を複数持つ必要性があるのは先発投手だけではない。特にクローザーは、打者が速球と落ちる球への警戒心が強いから、それだけだと見極められる。逆に打者が頭に入れていないカーブのような球種があれば、カウントを稼げる。カーブはソフトバンクのサファテが投げているが、オリックスの増井浩俊も速いカーブの習得を目指すという。時代に対応するために、みんな必死だ。

週刊朝日  2019年2月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい