火葬場で読経のパターンも 今どきの“自分流”葬儀とは?

2019/02/11 08:00

 小規模で行う家族葬が主流となり、年々、簡素化が進む葬儀。今、都市部を中心に増えているのが、家族葬以上にシンプルな「直葬」という方法だ。人生100年時代と言われる今、大往生を遂げるほどに葬儀の参列者は少なくなるのが実情。葬儀はいたってシンプルで良いのかもしれない。

あわせて読みたい

  • 家族葬、一般葬、直葬、一日葬……。お葬式ってどんな種類があるの?

    家族葬、一般葬、直葬、一日葬……。お葬式ってどんな種類があるの?

    tenki.jp

    8/29

    葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に

    葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に

    週刊朝日

    2/11

  • 「格安葬儀」でストレス&トラブルも増加 “落とし穴”をチェック!

    「格安葬儀」でストレス&トラブルも増加 “落とし穴”をチェック!

    週刊朝日

    5/25

    ドライブスルー葬儀、葬式「早割」… 多死社会を救う葬儀ビジネス

    ドライブスルー葬儀、葬式「早割」… 多死社会を救う葬儀ビジネス

    AERA

    8/11

  • “悪徳”葬儀社の裏側! ネット系、互助会系それぞれの特徴

    “悪徳”葬儀社の裏側! ネット系、互助会系それぞれの特徴

    週刊朝日

    8/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す