大沢樹生と喜多嶋舞の長男を同棲女性への暴行容疑で逮捕 「首絞めた」親族が語るDVの実態 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大沢樹生と喜多嶋舞の長男を同棲女性への暴行容疑で逮捕 「首絞めた」親族が語るDVの実態

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
大沢樹生 (c)朝日新聞社

大沢樹生 (c)朝日新聞社

喜多嶋舞 (c)朝日新聞社

喜多嶋舞 (c)朝日新聞社

 このような暴行は何度かあった。去年12月中旬にも、ささいな口喧嘩から、激しい暴力を受けたという。

「殴る蹴るの上、長男は必ず首を絞めようとする。もがきながら難を逃れると、長男は謝ってくる。Aは一瞬、荷物をまとめて出ようと思ったそうですが、長男に同情することもあって、その時は我慢した」

 Aさんの親族によると、女性の被害届は北沢署で受理され、長男は逮捕されたという。

「喉に手を入れて、首を絞めるという行為は普通に首を絞めるより効果があり、悪質と警察も驚いていた。長男は酒乱でどうしようもないので、やむを得ず、被害届を出しました」

 大沢樹生の所属事務所は「こちらに連絡がないので、よくわからない」と回答した

(今西憲之)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい