ヘミングウェーもそうだった!? 「お酒」と「うつ病」発症の因果関係 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ヘミングウェーもそうだった!? 「お酒」と「うつ病」発症の因果関係

連載「ワインは毒か、それとも薬か」

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩田健太郎週刊朝日#ヘルス
岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』など

岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』など

アルコール消費がすぎると、うつ病を発症しやすくなるという説がある。これはアルコールの脳への直接の影響もあるし、アルコールの影響で職を失ったり、家族や友人との関係が悪くなったりする二次的な原因もある(写真:getty images)

アルコール消費がすぎると、うつ病を発症しやすくなるという説がある。これはアルコールの脳への直接の影響もあるし、アルコールの影響で職を失ったり、家族や友人との関係が悪くなったりする二次的な原因もある(写真:getty images)

■高価な肉が精神を育むというのは、医学的に怪しい

 日本食(和食)は現在、ユネスコ無形文化遺産に登録されているほど評価が高く、小泉八雲がくさすほどひどいものだとは思わない(栄養価も高いです)。それに、高価な肉が精神を育むというのは、医学的にも栄養学的にも怪しいものだと思う。かつては東京大学で教えていた小泉八雲も、ずいぶんとナイーブな俗説を信じていたものだ。

 いずれにしても、小泉八雲は偉大なる精神には高い栄養価や、ワインが必要だと考えていた。

 小泉八雲を東大から追い出す形になり、その後任となった夏目漱石はアルコールを受け付けない体質だったようだ(関川夏央、谷口ジロー「『坊っちゃん』の時代」による)。しかし、一般的に文学的な知性とアルコール飲料は関係あるように思われがちだ。端的に言えば、文豪は酒飲みというイメージだ。

 ノーベル文学賞を受賞した人たちにも酒好きは多い。有名なところではアーネスト・ヘミングウェーがそうだ。あるいは、ジェームズ・ジョイスも。

 ジョイスはアイルランド人である。そういえば、ラフカディオ・ハーンの父もアイルランド人であった。ぼくは1991年に一度アイルランド共和国と北アイルランドを旅したことがある。そのとき、アイルランド人は黒ビールとアイリッシュウイスキーをこよなく愛する人たちだ、というステレオタイプな印象を受けた。

 たしかにアイルランド人は歴史的にアルコール消費量が多かったらしい。が、近年はアルコール飲料の広告規制など節酒政策が積極的に推し進められ、アイルランドでのアルコール消費量は減少傾向にあるという(Tuesday, March 06, PM 2018-08:39. New figures suggest alcohol consumption in Ireland continues to decline [Internet]. 2018 [cited 2018 Dec 19]. Available from: https://www.irishexaminer.com/breakingnews/ireland/new-figures-suggest-alcohol-consumption-in-ireland-continues-to-decline-831208.html)。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい