“うちカフェ”仕様の一品 7万円のコーヒーマシンが欲しい! (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“うちカフェ”仕様の一品 7万円のコーヒーマシンが欲しい!

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子週刊朝日#山田美保子
山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

ネスプレッソの「クレアティスタ・プラス」は、カフェのような本格的なスタイルを楽しめるコーヒーメーカー。好みのコーヒーが選べるほか、フォームミルクでラテアートにも挑戦できる。希望小売価格:7万200円(税込み)。直営店と公式サイト(www.nespresso.com)で販売中

ネスプレッソの「クレアティスタ・プラス」は、カフェのような本格的なスタイルを楽しめるコーヒーメーカー。好みのコーヒーが選べるほか、フォームミルクでラテアートにも挑戦できる。希望小売価格:7万200円(税込み)。直営店と公式サイト(www.nespresso.com)で販売中

 ここまで聞いたら、ギョーカイ人ならドラマの現場も浮かぶというもの。主演級の俳優や女優がコーヒーワゴンを差し入れることは少なくないけれど、この「クレアティスタ・プラス」さえあれば、場所もとらず、多くの人の好みに対応が可能だ。

 従来モデルよりも立ち上がりの時間が短くなったうえ、ミルクジャグに牛乳をセットしておけば、それぞれのメニューに適した泡立て具合と温度でフォームミルクを作ってくれて、本格的な味わいとなる。

 ミルクの温度は11段階に調整でき、泡立て具合も8段階。やはりこれは自宅用というより、まずは大人数で楽しむべきだし、ラテアートをいち早く習得し、共演者を喜ばせることもできるだろう。これが景品に出てきたら、私もぜひ欲しい。

週刊朝日  2018年12月21日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。TBS系「サンデー・ジャポン」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい