松山英樹がキャディーと契約解消 丸山茂樹の見解は? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松山英樹がキャディーと契約解消 丸山茂樹の見解は?

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹#松山英樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

弘大、すばらしいよ (c)朝日新聞社

弘大、すばらしいよ (c)朝日新聞社

 18番は3打目をグリーン右手前のバンカーに入れたんですけど、あそこはピンの奥にキャリーするぐらいの気持ちがないと。段があって、段の下にホールですから。段をうまく利用するぐらいの気持ちでアレンジしないとダメなんですよ。それはタラレバかもしれないけど、やっぱりそのタラレバのところを突かれてしまうようじゃダメなんです。でもああいう負け方は非常に勉強になりますから。次の飛躍のポイントになるかもしれないですね。これをステップにしてもらいたいと思います。

 この試合で44位に終わった松山英樹(26)が、6年間一緒にやってきたキャディーの進藤大典(だいすけ・38)との専属契約を解消すると発表しました。思えば僕も6年ぐらいで担いでもらう人が代わってきたんで、それぐらいの周期って、あるんじゃないかなと思うんです。英樹も大典もまたどっかでは組むって話も出てますし、ちょっと両サイドの窓を開けてね、部屋にいい空気を流すってのが、お互いにいいと思いますけどね。

 二人がそれぞれ気を使うと、それが波長が合わなくなる原因でもあるんです。お互いケンカ別れでもないんだから。夫婦だってダメになるわけですから。そりゃあもう、いろんなことがあると思いますよ。これで、違う流れをつかんでくれたらいいなと思います。

週刊朝日  2018年12月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい