舞台のセリフ覚えは大きな声で!? 江守徹の役者人生 (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

舞台のセリフ覚えは大きな声で!? 江守徹の役者人生

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅野裕見子週刊朝日
江守 徹(えもり・とおる)/俳優・演出家。1944年、東京都生まれ。62年、文学座研究所に入所。翌年、劇団本公演「トスカ」で初舞台を踏む。以後、数々のシェークスピア劇のほか、NHK大河ドラマ、映画、バラエティー番組への出演やナレーションなどあらゆるジャンルで活躍。2016年からは文学座代表をつとめる。(撮影/小山幸佑・写真部)

江守 徹(えもり・とおる)/俳優・演出家。1944年、東京都生まれ。62年、文学座研究所に入所。翌年、劇団本公演「トスカ」で初舞台を踏む。以後、数々のシェークスピア劇のほか、NHK大河ドラマ、映画、バラエティー番組への出演やナレーションなどあらゆるジャンルで活躍。2016年からは文学座代表をつとめる。(撮影/小山幸佑・写真部)

 もし、あのとき、別の選択をしていたなら──。ひょんなことから運命は回り出します。人生に「if」はありませんが、誰しも実はやりたかったこと、やり残したこと、できたはずのことがあるのではないでしょうか。昭和から平成と激動の時代を切り開いてきた著名人に、人生の岐路に立ち返ってもらい、「もう一つの自分史」を語ってもらいます。今回は俳優・演出家の江守徹さんです。

*  *  *
 ないんだよね。別の道なんて。本当に。小さいときから役者になりたかったんだよ。

 きっかけらしいきっかけもないんだけど、母親が連れていってくれて映画をよく見てたからね。まだテレビがなかった時代だから、娯楽といえば映画しかなかった。

 フランケンシュタインの映画を見たのをおぼろげに覚えてますよ。ボリス・カーロフっていう俳優が怪物を演じた有名な映画があってね。どうもおふくろによると、途中で怖くなって泣いて、出てしまったらしいんですよ。そのまま帰るんじゃ面白くないから、隣の映画館でエノケン(榎本健一)かなんか見たらしい。

 母は洋画が好きだったんだね。エンタメ作品で話題になったものはかなり見ていましたよ。

 父親は戦死し、母子家庭で育ちました。母親は働き者だったね。とにかく働く人だった。日中勤めに出てるので、帰ってくるまでは一人で待っていました。

 そんなときは、窓から見える景色を描いたりしていましたね。静物画も描きました。絵はうまかったですよ。ガキ大将でもなく、ちゃんとした子でしたよ(笑)。

――テレビ番組や映画などにも多数出演してきたが、江守徹といえば劇団「文学座」の顔だ。若いころからセリフを言わせたら右に出るものはいなかった。新劇との出会いは高校時代にさかのぼる。

 中学生になったころには映画俳優になろうと思ってました。俳優っていうのは映画俳優だっていう考えしかなかったから。でも、どうやってなったらいいのかわからない。とりあえず高校へ入ったら演劇部に入ってみたんだね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい