大竹しのぶが明かす母の死 自身の最期は“ピアフみたい”にがいい? (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大竹しのぶが明かす母の死 自身の最期は“ピアフみたい”にがいい?

松岡かすみ週刊朝日
大竹しのぶ(おおたけ・しのぶ)/俳優。1957年、東京都生まれ。75年、映画「青春の門―筑豊篇―」ヒロイン役で映画デビュー。同年、NHK連続テレビ小説「水色の時」に主演し、国民的ヒロインとなる。以降、舞台、映画、テレビドラマ、コンサートなど幅広く活躍。2011年、紫綬褒章受章。著書に『まあいいか』(朝日新聞出版)など。11年の初演以降、今年で4度目の上演となる主演舞台「ピアフ」の音源を収録したアルバム「SHINOBU avec PIAF」が10月10日発売(撮影/小山幸佑、
ヘアメイク/新井克英)

大竹しのぶ(おおたけ・しのぶ)/俳優。1957年、東京都生まれ。75年、映画「青春の門―筑豊篇―」ヒロイン役で映画デビュー。同年、NHK連続テレビ小説「水色の時」に主演し、国民的ヒロインとなる。以降、舞台、映画、テレビドラマ、コンサートなど幅広く活躍。2011年、紫綬褒章受章。著書に『まあいいか』(朝日新聞出版)など。11年の初演以降、今年で4度目の上演となる主演舞台「ピアフ」の音源を収録したアルバム「SHINOBU avec PIAF」が10月10日発売(撮影/小山幸佑、 ヘアメイク/新井克英)

林:(目に涙をためて)お幸せな最期だったんですね。でも、それは他人が言うことで、娘としてはもっと長生きしてほしかったでしょうね。

大竹:そうですね。自宅で看取るというのは、悩んだりもしたんです。病院に行ったらもっと楽だったのかもしれないとか。でも私は「やっぱり自宅で」と思っていたので、みんなで頑張りました。母にとってもよかったかなと思います。

林:私の母は去年101歳で亡くなったんですが、その前は施設にいたし、山梨の病院で死なせちゃったから間に合わなかった。

大竹:101歳まで生きられたってすごいじゃないですか。立ち会うとか立ち会えなかったとかいうことは関係ないと思います。どれだけ思ってあげてるかが大事で、みんな一人で生きて一人で死んでいくんだし。

林:でも、やっぱり最期は可哀想でした。

大竹:どうしてですか?

林:(チューブに)つながれていて、あまり意識もなかったし。

大竹:ああ、今の病院だとそうなってしまうのかもしれませんね。うちは何年か前から担当の老人医学の先生に2週間に1回診ていただいてたので、「自然にやっていきましょう」ということは、ずっと前から話していて、それはそのとおりにできました。でも、真理子さんの場合は東京と山梨で離れてるわけだから、仕方なかったと思いますよ。

林:私は大竹さんのエッセーを読むたびに「なんて幸せなご一家なんだろう」といつも思ってました。

大竹:私はきょうだいも5人と多かったしね。4人姉妹だったので、助かりました。時々はヘルパーさんにお願いをする経済的な余裕もあったから、母は確かにすごく幸せだったと思いますね。

林:ご自分が書いてるエッセーで静かに発表するというのもいいですね。遺族が望まない形で公表されるよりも、ずっといいと思う。

大竹:母はべつにこういう世界の人じゃないし、ただ「私の母」ということだけだったので。

林:私の母もふつうのおばあさんだったから内緒にしてたんですが、朝日新聞が訃報欄に載っけてくれて、それがちょっとうれしかったんです。

大竹:「載っけてくれて」ってカワイイです(笑)。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい