大坂なおみ話題のメガネの謎 ブランドは? 価格は? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大坂なおみ話題のメガネの謎 ブランドは? 価格は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉崎洋夫週刊朝日

帰国時にメガネをかけていた大坂なおみ選手 (c)朝日新聞社

帰国時にメガネをかけていた大坂なおみ選手 (c)朝日新聞社

 4大大会の全米オープンでシングルス優勝を果たしたプロテニスプレーヤーの大坂なおみ(日清食品)。9月17日開幕の東レ・パンパシフィック・オープンは準優勝だったが、フィーバーは続いている。そんな中で注目されているのが、帰国時に羽田空港で見せたメガネだ。

「オート型」などと呼ばれ、ナス形の大きなレンズが特徴。レンズの周りは細いフレームで、鼻にかかるブリッジの部分は2本。テレビドラマ「西部警察」に出てくる大門圭介(渡哲也)や、人気マンガ『ゴルゴ13』のデューク東郷がかけるサングラスのようなデザインだ。

 どこのブランドなのか調べると、米高級ファッションブランド・コーチ(COACH)の「ホース アンド キャリッジ パイロット」だとわかった。レンズの縁はゴールドで、耳にかかるつる(テンプル)には馬と馬車のロゴ。なかなかハイセンスな選択だ。

 コーチ・ジャパンの公式販売サイトによると、過去のモデルで現在は取り扱ってはいない。価格は約2万円だった。同社の関係者は「個人的には大坂選手が使ってくれてとてもうれしい。今のところ再販の話は聞いていません」という。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい