松山英樹もその飛距離に驚く 22歳の新星ゴルファーが初優勝 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松山英樹もその飛距離に驚く 22歳の新星ゴルファーが初優勝

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

写真はイメージです (撮影/堀井正明)

写真はイメージです (撮影/堀井正明)

 以前、人を介して星野君にパッティングのアドバイスをしたことがあったんです。大きく揺さぶりすぎて緩んでる感じがあったので、もっとコンパクトにした方がいいんじゃないかな、と。それでかどうか分からないですけど、フジサンケイでは非常にコンパクトに、インパクトがしっかりと迎えられるようになってました。球の伸びもいいですし、ラインにしっかり乗ってました。調子のいい週だからそういうふうに見えたってのもあると思うんですけど、でも打ち方は明らかにどんどんよくなってるなって気がします。見ていて感心しました。

 ショットの飛距離では松山英樹にもひけをとりません。全米オープンの練習ラウンドで一緒に回った英樹が「彼、飛びますね~」って驚いてましたから。今後が楽しみな若手が壁を破ってくれたのは、ほんとにうれしいことですね。

週刊朝日  2018年9月21日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい