血液型が違う夫婦間でも生体腎移植が可能に 「慢性腎臓病」移植医療の進化

ヘルス

2018/07/12 07:00

 慢性腎臓病(CKD)は進行すると腎不全になり、透析や移植などが必要になる。透析は通院でおこなうものが一般的だが、近年、患者の生活の質を考えて自宅でできる新たな透析治療や、腎移植の普及が期待されている。

あわせて読みたい

  • 【人工透析】なぜ日本は血液透析97%とアンバランスなのか? 専門医が指摘する理由

    【人工透析】なぜ日本は血液透析97%とアンバランスなのか? 専門医が指摘する理由

    dot.

    5/15

    【人工透析(腹膜透析)】腎臓病患者は3つの選択肢からどう治療法を選べばいい? 専門医が解説

    【人工透析(腹膜透析)】腎臓病患者は3つの選択肢からどう治療法を選べばいい? 専門医が解説

    dot.

    4/2

  • 人工透析は自宅でできる! “最新遠隔診療”はこれまでと何が違う?

    人工透析は自宅でできる! “最新遠隔診療”はこれまでと何が違う?

    週刊朝日

    5/13

    コロナ禍で注目 自宅でできる「腹膜透析」の仕組みとメリット

    コロナ禍で注目 自宅でできる「腹膜透析」の仕組みとメリット

    週刊朝日

    12/21

  • 「このままだと人工透析です」と言われたら…専門医が伝えたい二つのこと

    「このままだと人工透析です」と言われたら…専門医が伝えたい二つのこと

    dot.

    4/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す