誰も父の「引導」渡せず 大センセイ、「患者も殺す」抗がん剤に疑問 (3/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

誰も父の「引導」渡せず 大センセイ、「患者も殺す」抗がん剤に疑問

連載「大センセイの大魂嘆!」

山田清機週刊朝日#山田清機
「患者も殺す」抗がん剤に疑問(※写真はイメージ)

「患者も殺す」抗がん剤に疑問(※写真はイメージ)

 そこから先はもう、ベルトコンベアーに乗っているのと同じであった。

 なんでも、抗がん剤の投与の方法は標準化されているそうで、まずは最も効果が期待できる抗がん剤を合計七回、二週間のインターバルで投与された。

 効果が十分でなかったということで、次に放射線治療を受けた。それでも十分でなかったからと第二の抗がん剤の点滴、第三の抗がん剤、第四の抗がん剤……。

 投与の回数が増えるに連れて、学生時代、柔道の選手として鳴らした親父の頑丈な体は、見る影もなく痩せていった。

 ある日見舞いに行くと、かすれた声でこう言った。

「おい、抗がん剤ってのは、がん細胞を殺すかもしれないけど、患者も殺すな」

 入院生活が長引いて足腰が弱り、ついに自力で立てなくなったときは、子供のような声を出した。

「歩けなくなっちゃった」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい