誰も父の「引導」渡せず 大センセイ、「患者も殺す」抗がん剤に疑問 (2/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

誰も父の「引導」渡せず 大センセイ、「患者も殺す」抗がん剤に疑問

連載「大センセイの大魂嘆!」

山田清機週刊朝日#山田清機
「患者も殺す」抗がん剤に疑問(※写真はイメージ)

「患者も殺す」抗がん剤に疑問(※写真はイメージ)

 ところが、いくら検査を受けても正式な病名がつかない。検査の度に異なる「疑い」を告げられて、ついにはリウマチや結核の可能性まで指摘された。

 そして、忘れもしない二〇一三年の一一月、担当医から突然、こう告げられたのだ。

「うちでは治療できません」

 理由は末期の血液がんだから、であった。

 青天の霹靂とは、このことを言うのだろう。細菌を殺す抗生剤の点滴を何度も繰り返し受けたあげくに、末期がんでしたとは!

 しかもその総合病院は、転院先の紹介もしてくれなかった。大センセイ、あの担当医の不誠実な態度と油べったりのオールバックを、生涯忘れないだろう。

 一二月、なんとか血液がんの治療ができる病院を探して転院すると、またしても検査、検査である。そして、主治医は小さな声でこう言った。

「ステージ4ですね。まあ、半年ぐらいですかね」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい