丸山茂樹が“チビだいら”小平智の米ツアー初Vの裏側を明かす (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹が“チビだいら”小平智の米ツアー初Vの裏側を明かす

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

いい顔してるなあ~(Getty Images)

いい顔してるなあ~(Getty Images)

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が米ツアーで優勝した小平選手について語る。

【写真】米ツアーで優勝した小平智選手

*  *  *
 朝から「うおーっ」なんて大声をあげちゃいました。そりゃもう、小平智(さとし=28)の米PGAツアー初優勝ですよ!

「RBCヘリテージ」(4月12~15日、米サウスカロライナ州ヒルトンヘッドアイランドのハーバータウンGL)です。2年で中退したとはいえ、僕にとっては日大の後輩ですから、いつも応援はしてきました。それにしても、スポット参戦のうちに米ツアーで勝っちゃうとは。

 初出場のマスターズで28位に入った翌週の試合です。「いい流れでいけりゃいいな」ぐらいの軽い感じだったと思います。それが2日目に63で回って、トップに6打差で出た最終日は、強風で上がバタバタと落ちてきて。あれよあれよとプレーオフ。3ホール目で7メートルのバーディーパットをねじこみ、キム・シウ(韓国)に勝ちました。何年ゴルフやってても巡り合わないようなチャンスに恵まれた智の強運もすごいですけど、それをモノにする準備もできてたんでしょうね。

 智は4年前に米下部ツアーの最終予選会に挑戦して、ダメでした。当時からショットメーカーでしたけど、いかんせんアプローチとパッティングがウィークポイントだったんです。そこからジャンボ(尾崎将司)さんのところに教えてもらいに行ったり、ほかの人から情報を集めて実践したりして、弱点を武器に変えたんですよね。

 僕は何も言ってないです。「アプローチいっぱい練習しろよ」ぐらいです。智のことは常々「チビだいら」なんて呼んできたんですけど、古閑美保ちゃん(35)との結婚披露宴で、こう言いました。「いつまでも『チビだいら』じゃなくて、『中平(ちゅうだいら)』『大平(おおだいら)』と育っていけよ」と。この初優勝で中平ぐらいにはなったかな? 次に勝ったら大平ですね。頑張ってほしいです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい