春風亭一之輔 林家正蔵の襲名「待った!」事件に鋭く斬り込…めない? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春風亭一之輔 林家正蔵の襲名「待った!」事件に鋭く斬り込…めない?

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

春風亭一之輔氏は、語界の襲名騒動をどう見た?(※写真はイメージ)

春風亭一之輔氏は、語界の襲名騒動をどう見た?(※写真はイメージ)

 私は今回のことに関しては正蔵師匠のほうに理があると思うなぁ。「待った!」を言ったのが正蔵師匠だったから目立っただけで、それ以前に誰も「それ大丈夫?」って言わなかったのかなぁ……とちょっと不思議。それを認めると亭号・屋号がそのうちドガチャガになっちゃうかもですよ。「堅いこと言うなよ」の『堅いこと』がかなり後々重要になってくると思うのです。弟子に名前を継がせたいという好楽師匠のお気持ちもわかりますけど……。

 でも一番大変なのは当人の好の助さん。真打ち昇進ってお金がかかります。「林家九蔵」で支度してたのが、手拭いを染め直したり、扇子を作り直したり……けっこうな支出でしょう……。先日、二つ目の春風亭昇也さんに聞いたら、若手のなかで「好の助さんを盛り上げていこう!」という機運が高まっているそうです。仲間がそう言ってくれるってことは、好の助さんに人望があるんだな。ゴタゴタしましたが名前が売れるチャンスだと前向きに考えちゃったほうがいいね。

 落語界も相撲界ほど物騒じゃありませんが、こういう出来事がたまにあります。多少のゴタゴタがあるほうが健全な気がするなぁ。個性の強い人間が集まった古い社会ですからね。今回は落語家の『名前』について改めて考えさせられました。楽屋でいろんな先輩・後輩の意見を聴けて勉強になったなぁ。字数に限りがあるので続きはライブでしゃべります。書けねえこともあるんす。最後に言わせてもらうと、好楽師匠は親分肌のめちゃめちゃいい師匠だからねっ!!

週刊朝日 2018年3月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が出ました!

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい