松岡昌宏はLINEもメールも使わない アナログにこだわる理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松岡昌宏はLINEもメールも使わない アナログにこだわる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
松岡昌宏はLINEもメールも使わない?(※写真はイメージ)

松岡昌宏はLINEもメールも使わない?(※写真はイメージ)

林:松岡さん、ドラマーになるべくして生まれたという感じですよ。石原裕次郎さんの時代からドラマーってカッコいい人と決まってて、ソロのときみんな「キャーッ」って言うじゃないですか。

松岡:自分みたいなタイプはドラムでよかったと思います。ギターだったら途中で折るわ、客席に飛び込むわ、メチャメチャなことになってたと思うんで(笑)。

林:「ジャニーズに入ったとき、バンドをやらされてびっくりした」とおっしゃっているのを何かで読んだ記憶があるんですが。

松岡:逆です。僕らは踊りのグループだったんですけど、城島(茂)と山口(達也)がバンドをやってたんです。「スタジオに練習に行く」と言うから連れていってもらって、ドラムがあったから練習を始めたのがきっかけです。14歳でした。昔、親父が横浜のライブハウスでドラムをたたいてる写真が家にあったことを思い出しましたね。そこからバンドでデビューさせてもらうことになったんです。

(構成/本誌・野村美絵)

週刊朝日 2018年3月2日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい