藤真利子「長生きしたらまったくもたない」 介護で感じたお金の不安 (3/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤真利子「長生きしたらまったくもたない」 介護で感じたお金の不安

直木詩帆週刊朝日#介護を考える
藤真利子(ふじ・まりこ)/1955年、東京都生まれ。聖心女子大学文学部歴史社会学科在学中の77年、ドラマ「文子とはつ」でデビュー。78年の「飢餓海峡」でゴールデンアロー賞最優秀新人賞などを受賞。出演作に映画「もどり川」「薄化粧」、舞台「アマデウス」「テンペスト」「テレーズ・ラカン」「リチャード三世」など。昨年、自身の母を11年間介護した経験をつづった『ママを殺した』を上梓。現在、NHK大河ドラマ「西郷どん」に大久保利通の母、大久保福役で出演中。(撮影/関口達朗、ヘア&メイク/Eita(Iris))

藤真利子(ふじ・まりこ)/1955年、東京都生まれ。聖心女子大学文学部歴史社会学科在学中の77年、ドラマ「文子とはつ」でデビュー。78年の「飢餓海峡」でゴールデンアロー賞最優秀新人賞などを受賞。出演作に映画「もどり川」「薄化粧」、舞台「アマデウス」「テンペスト」「テレーズ・ラカン」「リチャード三世」など。昨年、自身の母を11年間介護した経験をつづった『ママを殺した』を上梓。現在、NHK大河ドラマ「西郷どん」に大久保利通の母、大久保福役で出演中。(撮影/関口達朗、ヘア&メイク/Eita(Iris))

林:私、だからパソコン使わないの。パソコンだとこっくりさんが来ないけど、手書きだと来るんです。いいことおっしゃる。

藤:そして1年後の母の命日(昨年11月7日)に発行できたんです。見城さんには「赤裸々に書け」と言われてたから、そのためには小さいときのこともちゃんと調べなきゃいけなくて、父(作家の故・藤原審爾さん)のお弟子さんとか、母の親戚に聞きに行ったり、私が中学生のころから母が倒れる年までの手帳があったので、それを見たり、あとはパスポートとか、(雑誌の古い切り抜きを取り出して)林さんと初めて会ったときの記事とか、香港に行ったときの写真とか……。

林:あ、若い! 私たち、女学生のようじゃないですか(笑)。藤真利子さん、ほんとに美しい。

藤:母がファイルしてくれてたの。そして(大学ノートを何冊か取り出して)これが介護ノート。母が倒れて、病院からうちに連れて帰ったその日から亡くなる日までの介護ノート。これはその一部で、全部で65冊あるの。「食事」「飲水」「熱」「血圧」「脈」「尿」……。

林:(パラパラと見て)「便 150」って書いてあるけど、在宅で測ってるわけ?

藤:うん。医療処置で管で尿瓶に取るから、量が測れるの。

林:すごい。女優さんしながらよくやりますね。たとえば夜、お仕事の帰りにちょっと飲んだとき、「イヤだな、また帰ってママの面倒見るの」とか思わなかった?

藤:ぜんぜん思わなかった。というか、ヘルパー代が結構なものなんですよ。うちは11時から夜の7時までが基本なんだけど、私が仕事のときに早く来てもらったり、外で食事して帰りが遅くなったりすると、その分ヘルパー代がかかるじゃない。だから仕事のとき以外は、なるべく夜は外に出ないようにしていた。

林:観月ありささんの結婚式でバリ島に行ったら、火山が爆発して帰れなくなって大変だったんでしょう?

藤:そう、あれが顕著な例。母は脳梗塞の後遺症で右半身不随で、口がきけなくて、「あーあー」とか「うーうー」とか言うのを、私たちが読み取るわけよ。あのときは母の状態がよくて、手を振って「行け、行け」みたいなサインをしたのね。それと、ヘルパーさんたちも「行かせてあげよう」という空気になって、みんなが協力してくれたの。それでお言葉に甘えて行ったわけ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい