50人の医師が口をそろえて言った“健康法”とは「〇〇をせずに」 (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

50人の医師が口をそろえて言った“健康法”とは「〇〇をせずに」

このエントリーをはてなブックマークに追加
大崎百紀週刊朝日#ヘルス
多くの医師が積極的に食べているヨーグルト(c)朝日新聞社

多くの医師が積極的に食べているヨーグルト(c)朝日新聞社

 歩くのも速く、「廊下でよく追い抜かされました(笑)」(同)。

 会議中は目を閉じていることもあったが、肝心なときはぱっと目を開け、的を射た質問をする。

「あれ、先生、寝ていらっしゃいませんでしたか(笑)」

 日野原さんとの出会いが医師としての原点となったという筑波大学の精神科医・高橋晶医師は話す。

「医師は長生きが大事。誰よりも健康的であることがいい医師の条件だと思う」

 今回、医師らが口をそろえてこう言った。無理をせずに、自分に合った方法で、笑顔と感謝を忘れずに生きよう、と。背負うものが増えると、歩みが鈍る。でも、歩こう。そうすれば不安や悩みもどこかに去っていくのかもしれない。それが医師お墨付きの健康法だ。(本誌・大崎百紀)

週刊朝日 2018年1月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい