「がん治療革命」来る! 「当たりはずれ」ありは過去になる?

ヘルス

2017/12/19 07:00

 がんの治療が転換期を迎えようとしている。国が推進する「がんゲノム医療」とは何なのか? 何が変わるのか? まだ多くの国民には理解しがたいものだが、今後注目の医療であることは間違いない。好評発売中の週刊朝日ムック「がんと診断されました 3大治療とゲノム医療」から、その一部をお届けする。

あわせて読みたい

  • 100以上の遺伝子を網羅的に調べる「がんゲノム医療」 気になる自己負担額は?

    100以上の遺伝子を網羅的に調べる「がんゲノム医療」 気になる自己負担額は?

    週刊朝日

    11/18

    最近注目の「がんゲノム医療」 100を超える遺伝子を解析し自分に効く薬が見つかる時代

    最近注目の「がんゲノム医療」 100を超える遺伝子を解析し自分に効く薬が見つかる時代

    dot.

    5/15

  • 10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    AERA

    2/8

    患者数1位の「大腸がん」 遺伝子検査で決める「最適薬」とは?

    患者数1位の「大腸がん」 遺伝子検査で決める「最適薬」とは?

    週刊朝日

    6/4

  • ゲノム医療がもたらす「遺伝子差別社会」のリスク 「究極の個人情報」とどう向き合うか

    ゲノム医療がもたらす「遺伝子差別社会」のリスク 「究極の個人情報」とどう向き合うか

    AERA

    7/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す