「めちゃイケ」終了に鈴木おさむが一番気になったこととは…

1970年生まれの団ジュニたちへ

鈴木おさむ

2017/11/16 16:00

鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍
鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍
「めちゃ×2イケてるッ!」の司会をするナインティナイン(c)朝日新聞社
「めちゃ×2イケてるッ!」の司会をするナインティナイン(c)朝日新聞社

 放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「バラエティー番組」をテーマに送る。

【20年以上も「めちゃイケ」の司会を続けてきたナインティナイン】

*  *  *
 フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」が20年以上の歴史に幕を閉じることが報じられた。

 またフジテレビの伝説の番組がひとつ終わる。「笑っていいとも!」「SMAP×SMAP」に続き。

 ちなみにですが、「オレたちひょうきん族」は8年ちょい。「ごっつええ感じ」は6年弱しか放送してない。逆に強烈なインパクトだったということなのだが。

 今のテレビ番組は長寿番組が本当に多くて、15年以上続いてる番組も結構ある。

 その中で人気番組の終了。

 めちゃイケ終了の様々なニュースの記事で一番気になったのは「打ち切り」と書いてあったこと。10年以上続いた番組で、かつ世の中にムーブメントを起こした番組が終わる時は「打ち切り」なのではなく「終了」であり、フィナーレなんだと思う。

 バラエティーはドラマと違って、放送回数が決まってない。終わりのないレース。ドラマは、例えばヒットしたら、最終回を迎えたあとの打ち上げは祝勝パーティーになる。が、バラエティーが終わる時は、どんなに人気番組でも、視聴率が落ちてから終わっていく。絶頂で終わりを迎えたバラエティーなんてほとんどない。

 そして、終わりが発表になった瞬間に「なんで終わるの?」「悲しい」などの声をSNSにアップする人も多いが、それらの人が毎週放送を見てたかというと、そうでもないはずだ。

1 2

あわせて読みたい

  • 「みなさん」最終回も松田聖子 鈴木おさむが感じたとんねるずの美学
    筆者の顔写真

    鈴木おさむ

    「みなさん」最終回も松田聖子 鈴木おさむが感じたとんねるずの美学

    週刊朝日

    3/29

    「めちゃイケ」から「72時間ホンネテレビ」へ 王道バラエティの歴史が変わった瞬間
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    「めちゃイケ」から「72時間ホンネテレビ」へ 王道バラエティの歴史が変わった瞬間

    dot.

    11/11

  • フジテレビが「みなおか」「めちゃイケ」終了後、坂上忍に託す4月改編の吉凶は?
    筆者の顔写真

    三杉武

    フジテレビが「みなおか」「めちゃイケ」終了後、坂上忍に託す4月改編の吉凶は?

    dot.

    3/10

    「『ほこ×たて』はヤラセ、『イッテQ』は違う」鈴木おさむが思う根拠
    筆者の顔写真

    鈴木おさむ

    「『ほこ×たて』はヤラセ、『イッテQ』は違う」鈴木おさむが思う根拠

    週刊朝日

    12/6

  • 鈴木おさむ 平昌五輪の裏にある選手への壮絶な出演交渉

    鈴木おさむ 平昌五輪の裏にある選手への壮絶な出演交渉

    週刊朝日

    2/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す