歯ブラシで落ちる汚れはたった6割! 間違いだらけの歯磨き

2017/10/05 07:00

 と話す。豊山さんによると、「歯と歯の間」と「歯と歯肉の境目」、この二つのケアは歯周病予防には絶対必要。「奥歯の噛み合わせの溝」とあわせて、最低でもこの三つのケアは怠らぬようにしたい。

 豊山さんオススメの方法は、洗面所にいすを置いて座り、手鏡を用いて、歯や歯肉を見て、時には肘をついてブラッシングをすること。歯ブラシの柄をペンをもつように握り、力を入れず、ブラシの毛先が軽く歯の面に触れたか触れないか、ギリギリのやさしいタッチで行おう。

 前出の、東京医科歯科大教授の荒川さんは、次のようにアドバイスする。

「歯ブラシはなるべくヘッドの小さいものを選びましょう。歯ブラシは奥歯のだいたい1、2本しか当たりません。ゴシゴシこすらずに、当てたところだけ1、2ミリ動かし、ずらします」

 残念ながら、一般に使われている「歯ブラシ」だけでは、汚れは6割しか落ちない。「歯間ブラシ」や「デンタルフロス」も取り入れて、歯の隙間や、奥に詰まった汚れを都度流す習慣をつけると良い。

 歯科衛生士の豊山さんは、歯と歯の隙間はフロスで、歯肉に近い部分は歯間ブラシでのケアを勧める。ただ歯間ブラシを内側から入れるのは難易度が高い。隙間のある奥歯だけで良さそうだ。ちなみに隙間のない前歯にはNGと豊山さんは助言する。

「どこにどんなふうにブラシを当てたらいいのかわかってくると、口の中のケアが上手になって、スッキリ。気持ち良くなりますよ」

 歯科医師の森さんも、

「歯に何か詰まっていると唾液が到達しないので、口腔ケアは最初にフロスを使うと良いでしょう」

 とフロスの使用を勧める。 こうした道具を使いこなすのに、歯磨き剤は必須ではないという。東京医科歯科大教授の荒川さんは説明する。

「ブラシが当たらなければ汚れはとれませんから、泡がたくさん出る歯磨き剤を使うと、ブラシがどこに当たっているかわかりません。まずは何もつけずに磨くのが理想です。すっきり感がほしくてどうしても使いたかったら、磨いた後にほんの少し使うといいでしょう」

 電動歯ブラシの場合は、専用の歯磨き剤を使おう。(本誌・大崎百紀)

週刊朝日 2017年10月13日号

1 2 3

あわせて読みたい

  • あなたの歯のケアは 間違っている! 6つの誤解とその正解

    あなたの歯のケアは 間違っている! 6つの誤解とその正解

    dot.

    6/27

    歯茎を刺激して歯周病予防 おすすめの磨き方「つまようじ法」とは?

    歯茎を刺激して歯周病予防 おすすめの磨き方「つまようじ法」とは?

    週刊朝日

    6/2

  • 歯ブラシはいつ取り替える? 「歯ブラシ供養」をしてくれる神社があります!

    歯ブラシはいつ取り替える? 「歯ブラシ供養」をしてくれる神社があります!

    tenki.jp

    6/3

    なぜきちんと歯を磨けない人が多いのか? 歯医者さんが教える、正しいブラッシング

    なぜきちんと歯を磨けない人が多いのか? 歯医者さんが教える、正しいブラッシング

    dot.

    7/13

  • 「ダラダラ食べ」は虫歯を招く 赤ちゃんが怖がらない歯磨きの仕方は?
    筆者の顔写真

    中田馨

    「ダラダラ食べ」は虫歯を招く 赤ちゃんが怖がらない歯磨きの仕方は?

    AERA

    7/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す