メジャーもあきれる「日ハム大谷」球宴出場 かげに複雑な事情… (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

メジャーもあきれる「日ハム大谷」球宴出場 かげに複雑な事情…

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
札幌ドームで打撃練習をする大谷。本当に大丈夫?(c)朝日新聞社

札幌ドームで打撃練習をする大谷。本当に大丈夫?(c)朝日新聞社

「何でこんなことをするんだ? 理解できない」

 日本ハム・大谷翔平選手(22)のオールスター出場に関して、メジャー球団のスカウトは、こう言ってあきれているらしい……。

【写真特集】史上最大の露出度も? 5球団のチアが大集合

 球宴のファン投票結果が発表されたのは6月26日。大谷はDH(指名打者)として選出されたが、状況は極めて異例だった。その時点では1軍にいたが、それまで約2カ月半、実戦から離れていたからだ。

 左太もも裏の肉離れで離脱していた大谷は2軍施設でリハビリに明け暮れ、1軍の練習に合流したのは6月20日。23日に出場選手登録されたが、同日からの楽天3連戦では出場がなく、足の状態が懸念されていた中での球宴出場決定だった。

「まさか、本当にやるとは、という印象でした。まだ全力疾走できない大谷が1軍に合流した時点で『球宴のために1軍登録もあり得るな』とは思いましたから。だけど、故障でリハビリしていて、2軍の試合にも出ていない選手をいきなり1軍で使うなんて、常識的に考えたらあり得ない」(スポーツ紙デスク)

 当の大谷は「複雑ですけど、選んで頂いてありがたいな、と。全力でプレーしたいし、期待にそえるよう、頑張りたい」とコメントし、翌日のスポーツ紙では“複雑”と大きな見出しになっていた。

「彼がいなかった約2カ月半、試合に出て活躍し、本来なら選ばれただろう誰かのいすを一つ奪ったわけで、普通なら辞退する場面です。辞退できない事情がある、ということでしょう」

 こう語るベテラン記者が、背景を解説してくれた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい