「SNSの影響か、頭ごなしに否定されるのも苦手」デキるイマドキ社員が発言 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「SNSの影響か、頭ごなしに否定されるのも苦手」デキるイマドキ社員が発言

このエントリーをはてなブックマークに追加
正能茉優(しょうのう・まゆ)/ハピキラFACTORY代表取締役、ソニー新商品企画担当。経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する研究会」委員。大学在学中の2013年、ハピキラFACTORYを創業。卒業後は、大手広告会社を経て、昨年ソニー入社。二つの仕事を並行する「パラレルキャリア」を実践

正能茉優(しょうのう・まゆ)/ハピキラFACTORY代表取締役、ソニー新商品企画担当。経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する研究会」委員。大学在学中の2013年、ハピキラFACTORYを創業。卒業後は、大手広告会社を経て、昨年ソニー入社。二つの仕事を並行する「パラレルキャリア」を実践

 給与より休暇を優先する20代のイマドキ社員たち。彼ら彼女らの本音はどこにあるのか。そしてそれを理解できない上の世代に対してどう感じているのか。ハピキラFACTORY代表取締役、ソニー新商品企画担当と「パラレルキャリア」を実践、そして経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する研究会」委員も務める正能茉優(しょうのう・まゆ)さん(25)が明かす。

*  *  *
 仕事は楽しいけど、だからと言って、仕事が常に生活の中心になるのは、ちょっと違う。

 私たちミレニアル世代(※注)は、一言でいえば「バランス重視型」世代です。人生を構成する仕事、恋愛、趣味、家族などの要素のうち、どれか一つに注力して120点を取るのではなく、それぞれは70点でもバランス良くこなすことで、人生全体を120点にしたいという考え方。「なぜ仕事よりプライベートを優先するの?」と聞かれたら、「バランスが大事だから」というだけです。仕事を優先するときもあるけれど、プライベートを優先するときもあって、やっと人生のバランスが取れると思います。

 ミレニアル世代の価値観に影響を与えたのは、二つの出来事があります。一つは、私が高校生のときに起きたリーマンショック。将来について考えようというタイミングで、ビルから放り出されるエリートサラリーマンの姿を、ニュースで目にしました。たとえ一流企業に入社して、必死に仕事をこなしても、こういうこともあるのかと驚きました。

 もう一つは、大学生のときに起きた東日本大震災です。「仕事ばかり頑張って、やりたいことや家族をないがしろにして、後悔しないのか?」と仕事中心の生き方に疑問を持つようになった。「世の中のために何かしてみたい」という意識が芽生え、学生団体が急増したのも、ちょうどこの時期です。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい